三元雅芸(みもとまさのり)の戯言記
MASANORI MIMOTO ☆blog
twitter☆



プロフィール

みもとまさのり

Author:みもとまさのり
1977年5月3日生まれ
出身地 大阪府
身長 178cm

主な出演作品:

《2012~3年公開作品映画》

『EDO OF THE DEAD』主演 ’12(LA EigaFest ショートコンペティション部門 入賞)
『いま、殺りにいきます』’12
『さすらいのエイリアン~私立探偵ロビン~』主演 ’12
wowow『STRANER6』公安役レギュラー ‘12
フジテレビ『ラッキーセブン』第9話 キャップの男役 ‘12

『BUSHIDO MAN』弥本英次役 ’13
『Night People』葛西役 ’13


映画/
『ザ・シルバーホーク』’03,
『嗚呼!一軒家プロレス』’03 
『VERSUS・~アルティメットバージョン~』’03
『DEATH NOTE ~デスノート~(前編・後編)』’06
『ITバブルと寝た女たち』’07,
『イチカバチカ』’07 
『GIRL’S BOX』’08
『TOKYO PROM QUEEN』’08 
『ハッピーフライト~サイドストーリー~・What’s your name?』’08 
『四畳半革命』主演 ’09、  
『誘拐ラプソディー』マサル役 ’10 
『忍邪』伊賀下忍甲 役 ’10、 
『ガチンコ!疾走上等』黒滝龍一役 ’10
『SP (~野望篇・革命篇~)』川尻伸一 役 ’10~’11
『女忍 KUNOICHI』氷月役 ’11、
『魂を握り潰した男』主演 ’11
『ギャルバサラ ~戦国時代は圏外です~』’11
『AVN(エイリアンVSニンジャ)』主演 ’11
(ゆうばり国際映画祭・ニューヨークアジアンフィルムフェスティバル・モントリオール、 他多数映画祭出展)


ドラマ/ 
TBS『ビーバップ・ハイスクール』’04
NTV『愛情イッポン!』第8話 北川役 ’04
TBS『月曜ミステリー劇場・音』春日役 ’05
TX『ホーリーランド』吉井役 レギュラー ‘05・4~6月
TBS『ウルトラマン・マックス』’05
TX『水曜ミステリー9・森の都殺人事件』’06 
TX『ライオン丸G』 第10話 ‘06
CX『結婚披露宴』’07・1~3月 
WOWOW『結婚詐欺師』‘07 
ANB『音女』第36話 ’08
NTV『ヒットメーカー 阿久悠物語』’08
CX『これでいいのだ!!赤塚不二夫 伝説』古谷三敏役 ‘08

PV/ 
河口恭吾『私のすべて』’05 
『FIELDS(格闘編)』主演‘07
defspiral 『DIVE INTO THE MIRROR』‘10

Vシネマ/ 
『修羅の道9』’03
『必殺バトルロード2』 甲役 ‘06
『実録・銀座警察 義侠』 蔡役 ‘08
『かすみ8』 真田幸村役 ‘09


ゲームソフト/
『風雲 新撰組』主演’03 
TX『ガンダムフォース』主演 ’03 
『真・三国無双4』 ’04
『戦国バサラ2』主演 ’06 
『龍が如く2』主演’06 
『モンスターハンター・ポータブル2』主演 ’06 、
『デビルメイクライ4』(ムービーコンテ)ダンテ役'07
『龍が如く 見参!』主演‘08
『ストリートファイター4』主演 ’08 
『鉄拳6』主演 ’09
『BEYONETTA~ベヨネッタ~』(ムービーコンテ)’09
『龍が如く3』主演’09 
『戦国バサラ3』主演 ’10
『龍が如く4』主演’10 
『龍が如くof the end』 主演 ’11
『メタルギア ライジング リベンジェンス』 ’12 、
『龍が如く5』 主演 ’12
『モンスターハンター 4th』主演 ’12  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



(4.18) 父さん
僕の父が、今月の4月9日に亡くなりました。
享年64歳。

12日に執り行った告別式も済み、今日で1週間が経とうとしています。

式を執り行う上で、父が亡くなったことを僕からはあえて誰にも伝えませんでした。が、とある人間からの伝達で訃報を知り弔電を下さった方 弔問にわざわざ足を運んで下さった皆様 本当にありがとうございました。
父と面識がないにも関わらずともわざわざ父へのご配慮に、そしてわざわざ父に会いに来て下さったことを父自身が喜んでくれたと思います。


父、栄春(えいはる)は10人きょうだいの長男として大阪で生まれました。
戦後から間もない時代を生きる貧乏家族を支える心強い長兄であったと伯父叔母からよく話を聞かされていました。

しかし僕たち家族にとって父は 伯父さん叔母さんの言う‘心強い’長兄というよりも‘ただ厳しい’父でした。
僕が幼いころ、姉や妹にちょっかいをかけて泣かせてしまった時は殴り飛ばされるだけでなく家の2階から階段下まで蹴りおとされたり、時には骨を折られ救急病院に直行しなければならないこともありました。
そんな力をみせる父に口答えなんてできるはずもなく父の機嫌を損ねないように過ごした時代もありました。

口より先に手が出る恐い人でしたが、人を困らせては喜ぶタチの悪い笑いが好きな人でもありました。
例えばこんなことがありました。
僕たち子供を休みの日に叩き起して寝ぼけ眼の僕達に
‘お前ら今日はどうするねん? どこに遊びにいきたいんや!?’
こう父が聞いてくるので 姉妹たちは
「遊園地行きたい!」「プールいきたい!」「デパートいきたい!」「ボーリングいきたい!」
など、テンションがあがりながらめいめいに答えると、
父は
‘よしゃ、  行って来い!’
と言うのです。
つまり「お前は遊園地に行って、お前はプールに行って、お前はデパートに行って、お前はボーリングに 勝手にいって来い!」と。
小学校にも行き始めの僕たちにはチンプンカンプンで、最初から僕たち子供を遊びに連れていく意思の無いことを知っては僕たちは怒るものの結局はきょうだいみんなが泣き出してしまう。
それをみてゲラゲラ笑う父。。。
最終的にはそんな父を母が怒りながら母一人で僕たち子供たちをどこかに遊びに連れて行ってくれたのですが。

こんなことは一度二度ではありません。
家族でプールに行く準備をして実際に車で向かっているのにプールの入り口を車で素通りして結局プールには行かず家に戻ってきたり。もちろん怒り狂って泣き叫ぶ僕たちをみて父はゲラゲラ笑っていました。
後で父を置いて母にプールに連れて行ってもらうのですが。

休日の午前中にいきなり親戚の叔母さん家族が僕の家に来た時にはこんなことがありました。
叔母さんが
‘あれ、 お兄ちゃんお花見は?’

僕たちにはなんのことかわかりません。ましてや叔母さんが来たの朝8時。僕たちはまた寝ぼけ眼。

父は
‘あー。よしゃよしゃ。’
と叔母さんに答えてから、まだ敷きっぱなしだった家族の布団を片付けテーブルを出して ザラ紙に何かを書きだしたのです。
‘ほら、これでええんやろ’
と言いながら 下手な花の絵を描いた そのザラ紙を壁に貼り付けて 今から家の中でお花見をすると言うのです。
実の妹夫妻は怒るし呆れてるし。
もちろんその様をみて父は一人楽しんでいました。


父が無茶苦茶していたエピソードは多すぎてあげきれませんが、ほんと型破りな人生を送ってきた人間でした。
でも、時が経って 姉たちが嫁いで行くたびに心穏やかになり、孫を見ては破顔する。
役者をやることを大反対していたのに僕の知らないところでいろんな人に僕を自慢し、また ともに東京で音楽活動をしている妹の智衣を応援し続けていた父。
この10年、腕力で物事を解決しようとしてた父に昔の面影はなく、孫を愛し、酒とたばことみんなで賑やかに過ごす時間を大切にしていました。

ですが 父と交友を持っていた方で、父の悪趣味に迷惑を被ってなかった人を知りません。
そんな父にも関わらず、たくさんの方が父の最後に会いにきてくれたのを目の当たりにして感謝するとともに生前沢山のかたに愛されていたことをうれしく思いました。
通夜の時も告別式の後も来てくれた皆さんがお酒を飲みながらワイワイ父のことを話してくれたことも本当に嬉しかったです。
あまりにたくさんの方が来て下さったため 更に座っていただく場所を確保できず、急遽、棺がある祭壇部屋にもテーブルを用意しそこでもみんながベロベロになって賑やかにしてくれたことが本当に嬉しかったし、父の人柄にふさわしい式になったと思います。

今は父の肉体は骨となりましたが、悲しくありません。
無宗派の僕ではありますが肉体は朽ちても魂はあると思っていますので。
そして、その父の魂は 母を、僕たち子供たち家族を見守ってくれていると、見守り続けてくれると信じています。


父のもとに生まれてよかった。父の遺伝子を受け継げたことを今は誇りに思っているし家族全員がそう思っています。


今回、父と面識がなくともこんな人間がいたことを知ってもらいたくてブログに父の事を書きました。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

‘まさのり、お前 勝手にわしのこと書くな。恥ずかしいやろ!’
そう言いながら 本当は喜んでいる目立ちたガリ屋の父が目に浮かびます。。。☆


スポンサーサイト

(4.6) 『女忍 KUNOICHI』 ご来場御礼舞台挨拶
『女忍 KUNOICHI 』

image2.jpg
image1.jpg


自身参加を予定していました、4/7(木) シアターN渋谷での ご来場御礼舞台挨拶を欠席させていただくことになりました。


急なこの度の変更のお知らせ 皆様には謹んでお詫び申し上げます。



つきましては 当日の登壇ゲスト(予定)を改めて以下 告知させていただきます。


日時 4月7日(木) 21:10より(本編上映前)
場所 シアターN渋谷
ゲスト(予定) 
武田梨奈さん、虎牙光揮さん、千葉誠治監督。


※4/7当日の朝10:45より劇場窓口にて整理券を配布します。
詳しくは、劇場までお問い合わせください。


シアターN渋谷での『女忍 KUNOICHI』の上映は4/8(金)までになります。

ぜひともこの機会に関東圏の皆さまのご来場をお待ちしております。


『女忍 KUNOICHI 』

監督:千葉誠治
アクション監督:園村健介
出演:武田梨奈、虎牙光揮、三元雅芸、佐藤雄一、小野村麻郁、藤澤志帆、琴乃、島津健太郎  他


映画 『女忍 KUNOICHI』HPはコチラ


なお、
4月9日(土)~15日(金)の期間は
名古屋シネマスコーレにてレイトショー。

そちらでの劇場でも皆さんのお越しをお待ちしています。



(4.1) 春よ来い
このような状況下でありながらも、関東の陽気になりつつある天候に心救われます。

しかし、依然避難所にいる多くの人たちは身を寄せ合いプライベートもなく、今後の地震にまたは原発の動きに不安を覚えながらの生活を強いられています。

‘今後の地震、原発の動きに不安を覚えながらの生活を強いられている’のは東北・関東圏の人間だけではありませんが。。。

いろんな情報が錯綜し、国が出した情報ですら そのまま受け入れていいものかと疑心暗鬼になってしまっている方が大半ではないでしょうか。
しかし東北の方にはその情報すらも提示できていない状況であったり。。。



家族を失い、思い出を失い、物を失い。。。
とんでもない被害を被った東北の方を想い、また自身のことを考える日々。

震災以前の生活に戻りつつある地域であれば今回のことで思い感じたことが薄れてしまうことはないだろうか?
自身に問い、そうあってはならないことを肝に銘じたい。


日本中のみんなが奮起して手を取り合い、‘頑張ろう’と誓ったことがいつまでも続きますように。



興味あるブログを見つけました。
以下に貼り付けましたのでぜひみてみてください。

『東北関東大震災で義心を感じる人へ 持続不可能な感情と継続可能なシステムについて』