三元雅芸(みもとまさのり)の戯言記
MASANORI MIMOTO ☆blog
twitter☆



プロフィール

みもとまさのり

Author:みもとまさのり
1977年5月3日生まれ
出身地 大阪府
身長 178cm

主な出演作品:

《2012~3年公開作品映画》

『EDO OF THE DEAD』主演 ’12(LA EigaFest ショートコンペティション部門 入賞)
『いま、殺りにいきます』’12
『さすらいのエイリアン~私立探偵ロビン~』主演 ’12
wowow『STRANER6』公安役レギュラー ‘12
フジテレビ『ラッキーセブン』第9話 キャップの男役 ‘12

『BUSHIDO MAN』弥本英次役 ’13
『Night People』葛西役 ’13


映画/
『ザ・シルバーホーク』’03,
『嗚呼!一軒家プロレス』’03 
『VERSUS・~アルティメットバージョン~』’03
『DEATH NOTE ~デスノート~(前編・後編)』’06
『ITバブルと寝た女たち』’07,
『イチカバチカ』’07 
『GIRL’S BOX』’08
『TOKYO PROM QUEEN』’08 
『ハッピーフライト~サイドストーリー~・What’s your name?』’08 
『四畳半革命』主演 ’09、  
『誘拐ラプソディー』マサル役 ’10 
『忍邪』伊賀下忍甲 役 ’10、 
『ガチンコ!疾走上等』黒滝龍一役 ’10
『SP (~野望篇・革命篇~)』川尻伸一 役 ’10~’11
『女忍 KUNOICHI』氷月役 ’11、
『魂を握り潰した男』主演 ’11
『ギャルバサラ ~戦国時代は圏外です~』’11
『AVN(エイリアンVSニンジャ)』主演 ’11
(ゆうばり国際映画祭・ニューヨークアジアンフィルムフェスティバル・モントリオール、 他多数映画祭出展)


ドラマ/ 
TBS『ビーバップ・ハイスクール』’04
NTV『愛情イッポン!』第8話 北川役 ’04
TBS『月曜ミステリー劇場・音』春日役 ’05
TX『ホーリーランド』吉井役 レギュラー ‘05・4~6月
TBS『ウルトラマン・マックス』’05
TX『水曜ミステリー9・森の都殺人事件』’06 
TX『ライオン丸G』 第10話 ‘06
CX『結婚披露宴』’07・1~3月 
WOWOW『結婚詐欺師』‘07 
ANB『音女』第36話 ’08
NTV『ヒットメーカー 阿久悠物語』’08
CX『これでいいのだ!!赤塚不二夫 伝説』古谷三敏役 ‘08

PV/ 
河口恭吾『私のすべて』’05 
『FIELDS(格闘編)』主演‘07
defspiral 『DIVE INTO THE MIRROR』‘10

Vシネマ/ 
『修羅の道9』’03
『必殺バトルロード2』 甲役 ‘06
『実録・銀座警察 義侠』 蔡役 ‘08
『かすみ8』 真田幸村役 ‘09


ゲームソフト/
『風雲 新撰組』主演’03 
TX『ガンダムフォース』主演 ’03 
『真・三国無双4』 ’04
『戦国バサラ2』主演 ’06 
『龍が如く2』主演’06 
『モンスターハンター・ポータブル2』主演 ’06 、
『デビルメイクライ4』(ムービーコンテ)ダンテ役'07
『龍が如く 見参!』主演‘08
『ストリートファイター4』主演 ’08 
『鉄拳6』主演 ’09
『BEYONETTA~ベヨネッタ~』(ムービーコンテ)’09
『龍が如く3』主演’09 
『戦国バサラ3』主演 ’10
『龍が如く4』主演’10 
『龍が如くof the end』 主演 ’11
『メタルギア ライジング リベンジェンス』 ’12 、
『龍が如く5』 主演 ’12
『モンスターハンター 4th』主演 ’12  



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(8/28) 三元雅芸の正直しんどい
昨日、ある女性に呼び出され急遽アクションの稽古につきあわされるハメに。

吉沢季代さん。

大阪時代からの先輩で現在ウォーターオリオンに所属のアクションもできる女優さん。

秋から公開のドラマに出演者 兼 アクション殺陣師として参加との事。
‘ジャパニーズ西洋チャイニーズアクション’にしたいとのこと(なんのこっちゃ!)。
都内某所の稽古場へ。

カメラアングル、カット割りを考えながら実際にカメラを回しながらのリハーサルとなった。

二人のみでのリハ・・・
カメラは僕・・・


‘二人だけでどうやって撮るのよ・・・!!!?’


カメラのフレームのサイズと角度だけ変えてほとんど固定で撮影。

先輩だけのショット、僕だけのショットがひとつもなし(==)


‘厳しい・・・’


そこで、先輩だけのショットは僕がカメラを回し
僕だけのショットは先輩が僕の服を着て僕に扮し、依然僕がカメラを回す。


‘厳しすぎ・・・!!’


なんでもう一人ぐらい呼んでないのん!?と思いながらも無事夕方にはリハ終了。
そして二人で飲み会がスタート。

撮った映像を飲み屋で見ながら安堵の思いで酒がすすむ・・・。

『これだったら映像繋がりますよね(^^)』
「あのシーンも撮ッときゃ良かったわ・・・」
『今更それ言います?』
「あんたの服に着替える時間がもったいなかったのよ・・・」
『二人でリハはないでしょうが!!?』
「あんたの殺陣長過ぎ・・・」
『当日で何言ってんすか!!!?』

ああだこうだとヒートしつつ僕たち二人ともの共通の先輩である俳優さんの家になだれ込む。

迷惑気な先輩俳優の目は気にせず、二人で買ってきた酒を飲む飲む・・・


気づくと翌朝。

先輩は二人ともいない。
テーブルの上には部屋の鍵と
「もう2度と来なくていいぞ・・。」
と書かれた男の先輩からの置手紙が。

痛い頭を押さえながら部屋をでた。

するとメールが1通。
吉沢さんからだ。


「昨日はありがとう。お疲れ様でした。ところで本日夕方より昨日の映像の編集します。ぜひ一緒にやりましょう。」


・・・まだ返信していない僕

こちらのブログで返信したいと思います・・・






『行かん!!!!』



kiyodeoma.jpg
(先輩が撮ってくれました。右が吉沢季代さん(^^) ・・・もう二度と入れてはもらえなくなった部屋でパシャリ☆)

スポンサーサイト

(8/21) 明日8・22!
『INDIAN LANDS CLUB BAND』のネットラジオ【ムーンサイズな野郎ども】の第2回目が明日23時より配信されます!!


ネットラジオ‘CozyShell’は
コチラ☆


ちなみに第2回目が配信されると第1回目が聞けなくなってしまうとのこと・・・
第2回目は第1回目に続くストーリー仕立てになっていますのでまだ第1回目をお聞きになられていない方は是非ともお急ぎくださいませ!!


それでは、お聞きになられたみなさんのご感想
お待ちしております・・・☆(^^)☆

(8/19) 超疲・・・
実家のある大阪へ行ってきた。

16日の晩に新大阪到着。
ジムに行くことが日課の僕はその足で大阪のとあるジムへ直行。

ヘトヘトになって実家に着いたのは夜11時過ぎ。

父と姉 僕の3人で寿司屋へ。

‘眠い・・・’

久々に家族と飯を食ってそのまま就寝・・・の予定だった。

突如母からの電話。

『お帰り!久しぶりやなぁ!! @+:?¥=%$#・・・!!!』

とにかく今から梅田(大阪の繁華街)に来いとのこと。

‘頭おかしいんじゃないのか・・・’

電話を切ってから5分後再び母からの電話・・・

『あんたホンマにもう向かってるかぁ!?』


それからの1時間 5分おきに着信が・・・

ヤクザの追い込みとはこのようなレベルを指すのだろうか・・・

しらばっくれることが出来ないと悟り、ようやく鬼の待つ店へ向かう。


スナック・・・


かなりいい(?)感じにお酔いになられている母君と乾杯。

僕の酒好きな性質は父親譲りではなく母君からも譲られているんだなぁと感じつつ 疲れている体で不本意ながら飲みに飲んで歌いまくってしまった。

・・・

時刻は朝の4時

カウンターには焼酎の空瓶が2本


‘やってしまった・・・’

(母と二人で飲む量じゃないだろっ!!)

これだけ飲んで意識がはっきりしている母上。
これだけ飲んで魂抜けかけ昇天しかけのワタクシ

僕は鼻からエクトプラズマを出しながら、まだ飲み足りなさそうな母を連れて帰宅・・・Zzzz




・・・?

・・・??

隣で子供の声が。

明らかに俺に話しかけている

体の中も外側も疲弊しており片目をあけて・・・・フリーズ。


4歳の甥っ子がしきりにヒーローのおもちゃの説明をしておられる・・・

聞いてもないのにだ。
質問してもないのにだ。


おもちゃは僕の顔のより近くに、彼の紅潮した顔はより赤みを増して熱弁はとまらない。

聞いてもないのにだ。
質問など一切してもないのにだ。
のむはむにだ!!
(韓国語で‘あんまりです’)


涙が止まらない

決して感動などの類ではない、行き場のない涙が止まらない。

洗面台で涙とお別れ中も彼はヒーローなりきり攻撃をお見舞いしてくださる。


今日は墓参り。

今回の帰省はこれが目的。

父親と甥っ子と睡眠時間3時間でHP2のワタクシの3人。

車中も彼のわからんトークはもはや御経だ。

‘いや、お経ならばありがたい。しかしお経は聞いて分かるもんでもなし・・・でもありがたいはずだよ、おきょう・・・’
気持ちが悪くなってきた。

甥っ子よ、いっそのこと 僕を殺○ておくれ


墓参り終了後の自宅での夕食も彼によって僕は軟禁状態。

‘言葉で人は確実に死ぬな・・・’
(盆中に不謹慎でごめんなさい・・・)

何を食ったかも飲んだかもあまり覚えていない。


『明日もマー君と一緒に遊ぶ!!』

・・・・・




翌朝一番の新幹線に乗ったことは言うまでもない・・・


(8/14) あぁ~♪ 夏休みぃ~♪♪
来たぁ~

江ノ島!!
umi.jpg
(水着にも着替えず撮ってると、ライフセーバーのお兄さんに写メをチェックされました・・・)


東京に来てから3度目の海!

東京に来てから初の海も江ノ島だったなあ―

あの時は先輩と二人でビール片手に海岸をぶらぶら


…野外クラブイベントに勝手にジョイントして黒人のお兄様につまみだされて半べそをかき、
その後入ったお好み焼きで大阪を思い出しては半べそをかき…´


当分来たくもなかったはずの江ノ島…


でも今日の江ノ島はちと違うぞい!

仲間が働く`海の家´に顔をだしつつ朝からアルコールを注入
ie.jpg
(カウンターの中に勝手に入ってパシャリ!!)

suna.jpg
(着替えがない分 裸足で海砂浴☆)

いやあ自然はいつでも受け入れてくれんだよなぁ―
こんなことならもっと早く江ノ島にこりゃよかったよ(*^_^*)


ところで、東京に来てから2度目の海は
河口恭吾さんのPV
『私のすべて』の撮影だったんですよ(^-^)

この作品の監督は皆さんご存じの佐藤太監督、カメラマンさんは『ホーリーランド』、『インディアンサマー』も撮られた蔦井孝洋さん!


現場までの車中は佐藤監督と蔦井さんを始め皆さんとのトークでハイテンション!

しかも、仕事で海に来れるなんて最高! なんて思いつつ、あっという間に現場に到着。
衣装に着替え僕は妹から借りたファンデーションをパタパタ…


よ~し 準備完了!!


監督を始めスタッフの皆さんに改めて撮影前の挨拶。

「よろしくお願いします!!」
僕を一瞥するや否や 皆さんが僕から目をそらした。

‘現場に入るとやはり皆さんテンションが違うなぁ・・!’

等と勘違いしつつ撮影はどんどんと進行し、大分後になってから自分の失態に気づくことになる・・・


ラストカット
『お疲れ様でした!!』

 僕 「監督!ありがとうございました!!」

監督 『お疲れ様(^^)  ・・ところで、三元さあ、 それ・・・どうしたの・・・?』

「え・・・?」

『お前の顔・・・それ、なに・・・・俺たちを笑わせにかかってんの・・・!?』

!!!?

ダッシュで自分の顔を確認しに行った。

・・・

超白塗り・・(汗)


撮影は後姿のみだったのでメイクは妹に借りて初めて自分でやったのだが・・・そりゃ妹と僕の肌の色は違う、違いすぎる!!


監督が撮影中なかなか目を合わせてくれなかったのは、‘笑ってしまいそうだったから’だと気づくまで約半日・・・

バカ殿メイクで約半日・・・


‘人に迷惑はかけちゃいけない’

3度目の海こそは、と思いつつ既に酔っ払いの私・・・

終電までには帰ります・・・☆
(たぶん・・)



ato.jpg
(まだ帰らんぞっつ!・・・・切ないのお・・・☆)


(8/9) 明日8/10に・・
今週も♪
ライブやっちゃいます!!


日時:8月10(木)
場所:Quenno Fontoni (クエンノフォントーニ)
   〒106-0032
   東京都港区六本木3-14-7 六本木アロービル3F
TEL:03-5770-6701
FAX:03-5770-6702
http://www.avarenzo.jp/


1st ステージ 19:30~
2nd ステージ 21:00~


★レストランバー
 ・・なので食事できます。
★ミュージックチャージ
 ・・は無料ですが、ミュージックチップを頂いております。
   それぞれのお客さまがライブを見て値段を決めていただくシステム。
   上限はありませんが1テーブルごとに¥300~になります。


今月もpianoの岡ちゃんとやります。
待ってますぅ<(_ _*)>


・・・・妹Chieのブログからです。

お時間のある方は是非どうぞ☆

(8/8) 終~了~っ!!
打ち合わせも含め 今月頭から都内某所で始まった撮影が終了!
今回はゲームソフトの撮影でキャストは僕を含めた3人。
アクションシーンのコーディネーターは『ユーデンフレームワークス』の鈴村氏!
才能あふれる監督・スタッフに囲まれ、いい緊張感のなか楽しく仕事をさせたもらった・・・。

ところで今回一緒に仕事をさせたもらったキャストは四方宋くんと屋敷紘子さん。

四方宋(しかた そう)くんは あの『ホーリーランド』でサワコーの不良役としても出演していたが現場で絡むことがなく一緒に芝居するのは初めてだった。

この男 『ホーリーランド』でのアクションを拝見しても体の使い方が非常に器用だという印象が僕の中に強くあったので彼とやれることも楽しみの一つだった。

僕はメインのキャラを演じさせてもらったが四方くんは僕よりも戦闘能力の高い戦士の役で僕をより優勢な戦いに導く先輩的キャラを演じていた。

‘猫背’
‘ボソボソしゃべり’
‘虚空も見上げて何を考えているかわからない・・・’

「戦いなれた先輩キャラの芝居」とはうってかわった普段の彼。

でも撮影中では
‘スピーディーなアクション’
‘骨太な芝居’

いろんな刺激を受けた撮影だった☆


ゲームの正式な発表後 また改めてここで話したいと思います・・・☆



mocap.jpg
(撮影中はこのモジモジくんで(^^))


sikata.jpg
(休憩中 一人でいったい何を考えてるんだか・・・☆)

(8/2) 宙に浮いたままの想い
見知らぬおばあさんが声をかけてきた。


先日の昼下がり、世田谷区のある公園で腰掛けていた時のことだった。

携帯で時間を確認している僕の横でピタっととまり、僕の顔をいぶかしそうにじっと見ている。
こっちがあっけにとられているのもつかの間

『暑いですねぇ』

‘そ、そうですねぇ・・・’

僕を伺いながらおばあさんの顔はこわばっている。
気まずさから僕から合の手をいれていた。

‘今日の暑さは特にひどいですねぇ’

『そうなの。 本当こんなに暑いと歩くのも大変なのよ・・・』

おそらく70歳は過ぎているだろうそのおばあさんは、笑顔で軽快に話しだした。

『・・・いつもこの道をまっすぐ行って娘のお店に行くの・・・息子もいるんだけど大学生なもんだからほとんど家には帰ってこないでしょ・・・毎日 秋葉原まで歩いて娘の旦那の所に行くんだけど・・・』

70歳を過ぎたおばあさんの息子が大学生。
世田谷から秋葉原までの日課の散歩。

話を聞いてて合点のいかない所を僕は感じつつも、おばあさんの話は止まらない。
止めようとも思わなかった。
僕をのぞきこんだ最初の表情とはうってかわってはつらつとしている。
勢い良く喋り続けるおばあさんは、本当に楽しそうだった。
はつらつと話すおばあさんの表情を見て僕も本当に嬉しかったし楽しかった。


‘でもその会話は、僕じゃない 『ある人』としたい したかったはず・・’


待ち合わせをしていた僕の友達からの電話が来た。


・・・

‘おばあさん 僕そろそろ行きます’

『あっ、 そうね。私この道まっすぐいくの。じゃあね。』

‘気をつけていってらっしゃい・・・’


横断歩道を渡りながらおばあさんは何度も僕を振り返ってた・・・。


おばあさんの後ろ姿が見えなくなってから急にハッとした。

得体の知れない切なさがこみあげて、友達を迎えに行くでもなく
僕は母に電話した。

いつもの母の元気な声、

結局なんでもない話で電話は終わった。

・・・


僕は
身近な人の想い 言葉ですら きちんと受け止めることができているのだろうか・・・


日常のいたるところで、シグナルは発せられているはず。



‘届かない想い’


少なくとも、僕のまわりであってはならない、

そう思った。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。